コロナで給食停止。朝の負担を軽くする方法

話題

コロナで給食停止したことによって、お弁当を作ったりと朝の負担が増える方もいると思います。

そこで、朝の負担が軽くなるように、時短のテクニックや家事を減らす方法、子供の身支度に対するイライラ解消法を紹介します。

 

コロナで給食停止、朝の負担を減らす方法

負担を減らす方法は時短にするのか、家事を減らすのか2種類になります。

コロナで給食停止、朝の負担、時短3つのテクニック

引用元:https://www.kajitaku.com/column/house-work/7574

朝の時短テク①

引用元:https://everydayuk.xyz/breakfast-spread

 

朝食は定番物にする。

 

朝から種類の多い定職のようなごはんは素晴らしいですが、作るのに時間がかかってしまいます。

トーストにハムや、トーストにジャムまたはシリアルなど定番の物がやはり時短になりますね。

 

パンはあまり・・・という方にはおにぎりでしょう。

具の違うおにぎりを作り置きして冷凍することもできますね。

 

朝の時短テク②

引用元:https://kufura.jp/life/washing/74565

 

次に洗濯ですが、まずは洗濯機から干場までの導線を良く考えましょう。

朝バタバタしている中で、導線が良くないと時間の無駄になってしまいます。

 

例えば、干す場所を考えてみたりもしましょう。

風呂場に洗濯乾燥機が付いていると、竿があったりしますよね。

無ければ洗濯機のそばに突っ張り棒などで竿を作ってしまって干してしまう。

それを外に持っていくだけなら、家族にも手伝ってもらう事も出来るでしょう!

 

それから中に干す場所を作っておけば、天候を気にすることも無くなりますね。

 

時短テク③

引用元:https://www.o-uccino.jp/article/posts/57025

 

掃除は何かのついでにすることを心がけましょう。

トイレに入ったついでに少しブラシでこすっておいたり、床を拭いたり。

夜お風呂の栓を抜いた時に一緒にスポンジでこすっておくなどしておきましょう。

溜めてしまうと、後々汚れがこびりついて掃除が余計に大変になってしまいます。

コロナで給食停止、朝の負担、家事を減らす

引用元:https://tg-uchi.jp/topics/5141

家事の分担

次に家事を減らすという事ですが、自分一人では家事を減らすのは難しいです。

 

この家事を減らすというのは、家族に手伝ってもらうという事です。

パパや子供にお手伝いをお願いしましょう。

 

例えばパパに子供の支度をしてもらう。お父さんが子供のお世話がなかなか難しい場合、食器を洗ってもらったり、洗濯を干してもらったりと分担作業をしましょう。

お子さんにも朝食を運んでもらったり、ご兄弟がいる場合は上の子が下の子のお世話をするなどです。

 

ここで注意点ですが、手伝ってもらい代わりにしてもらうと、思うようになっていなくて、ついつい口出ししたくなりますが、そこはぐっとこらえてお礼を言いましょう。

 

ここで口出ししてしますと、機嫌を損ねて手伝ってもらえなくなります。

手伝ってくれるだけマシと思うようにしましょう。

 

だんだん慣れてくるようにもなります。

時短家電を使う

引用元:https://www.chintai.net/news/2019/06/27/64694/

 


時短家電もたくさんありますので、便利に使うことができます。

最近ではお馴染みのロボット掃除機食洗器乾燥機能付きの洗濯機などありますね。

食洗器なんかは朝の後片付けの時間を大幅に省けますね。

 

食洗器も洗濯機も乾燥まで入れ替えや、ボタンをまた押すなどの作業なく、入れたら乾燥まで終わらせてくれるので、そのまま出かけられて非常に便利です

 

電気圧力鍋も食材を入れてスイッチオンで料理が出来るので便利です。

 

おすすめのスマート家電記事はこちら

沸騰ワードで松丸お勧めスマート家電。憧れの時短生活

家事代行サービスの利用

引用元:https://www.asiaticsocietycal.com/kajidaiko-ranking

 

家事代行サービスに頼るという方法もあります。

毎日とまではいかなくても週に1度でも掃除をしてもらったり、アイロンがけをしてもらったりと利用方法は色々有ります。

 

1週間分のおかずを作り置きしてもらったて、冷凍しておく。

それをお弁当にも使ったりとできますね。

コロナで給食停止、子供の朝支度

子供は気分で朝スムーズに支度が出来る時と、どうしても嫌がってなかなか進まない時がありますよね。

そんな時の対処法を紹介します。

できるぞボードを作る

 

 

少し大きい子には、まずは子供が出来る事またはやる事のボードを作りましょう。

出来たらシールを貼ったり、マグネットを返してたりできるようにしておき、出来たことの喜びと、シールやマグネットのやりたい欲求から身支度などをのやる気をどんどん起こしましょう。

競争感覚にする

引用元:https://www.olive-hitomawashi.com/family/2020/01/802.html

 

競争感覚で「よーいどん」というと子どもは急いで支度をしたりします。

「ママの家事と子供の支度とどちらが早いかな」

という風に一緒に競争などにするとより一層早くやってくれますよ。

 

ここで子供が出来るだけ勝つようにしてあげると、気分が良くなりさらにスムーズになります。

機嫌を損ねると余計に時間がかかってしまうので注意しましょう。

深呼吸する

引用元:https://www.chance.com/media/sinkokyuu1889/

 

どうしてもうまくいかない時は、怒らずにまずは深呼吸をしましょう。

怒ると子供は余計に愚図ってしまいます。

まずはママが冷静となって、落ち着いて接するようにしましょう。

まとめ

コロナで給食停止となり、朝が忙しくなる方が増えますね。

  • 時間
  • テクニック
  • 家族にお願い
  • 家電

などを使用して少しでも負担を減らせると良いですね。

関連記事

沸騰ワードで松丸お勧めスマート家電。憧れの時短生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました