保育所の時間と土曜保育は?深夜や早朝に預かってくれる所はある?

働くままにとって仕事の都合上夜遅くまで会議があったり、土曜日出勤なんてこともありますよね。

そんな時、保育所が長時間子どもを預かってくれたり、土曜日も保育してくれるとすごく助かりますよね!

入所前にそのような事が分かっていれば保育所を探す段階で条件にあった所を希望できますね。

しかし入所後に仕事の内容が変更する場合もあると思います。

入所前でも入所後でも保育所の時間と土曜日などの休日保育について確認しましょう。

保育時間

まずは基本の標準保育時間です。

認可保育所で就労等によって自宅で保育できない場合に親に代わって保育してくれます。

その標準保育時間は就労時間の長さによって変わってきます。

月の就労時間が60時間以上で8時間以内の短時間保育してくれます。

また月の就労時間が120時間以上で標準時間1日8時間以内の保育です。

基本時間は短時間保育の場合8:00~16:30の間で利用、標準保育の場合7:00~16:30の間でなります。

開所時間は保育所ごとに異なりますが比較的私立の保育所の方が開いている時間が長い所が多いですね。

公立保育所はだいたい7:00~18:00までが多く、中には7:00~20:00までの所もありますが少ないです。

私立保育所は7:00~19:00までが多く、中には7:00~20:00までの所もあります。

土曜保育

土曜日も開所している所が多くあります。

しかし開所時間が短いです。

公立は7:00~13:30までが多いです。7:00~18:00までの所もありますがかなり少ないので自宅から遠い所になるかもしれません。

私立は7:00~15:00や7:00~17:00までが多いです。中には7:00~19:00の所もあります。

私は土曜日も仕事で子どもを預けていますが、土曜日は職員数も少ないので他の年齢の子と合同保育となります。また、土曜日希望の場合、事前に伝えておく必要があります。

土曜日は保育できますが、できるだけ家族との触れ合いの時間も取れた方が良いですよね!

延長保育

お迎えがいつもの時間より遅くなってしまう場合は開所時間内であれば延長保育の利用が可能です。

延長料金は必要です。後日請求されます。

延長保育を利用の場合、軽食を食べさせてくれる保育所もあります。

軽食の数の都合がありますので、あらかじめ分かっている場合は送りの時に先生に伝えておくと良いです。

私は毎日延長保育の利用なので、保育所の入園の時に延長保育の申し込み書を記入しました。

書類は保育所が用意して、記入してねと渡してくれました。

逆に早いお迎えの時は、いつもの軽食は無しと子供を送った時に伝えています。

深夜・早朝・お泊り保育

深夜まで会議がある場合や出張があるなど、延長保育でも時間が合わないという方もいると思います。

そのような場合は深夜・早朝保育・お泊り保育のある施設を利用しましょう。

深夜・早朝保育、お泊り保育をしてくれる施設は、認可外保育施設やベビーシッター事業所です。

私も出張するときに認可保育所より保育料は高めですが認可外保育施設を利用しています。

色んな保育サービスを受けれるようになっています。

・継続保育

・一時保育

・乳児保育(0歳)

・早朝保育(6:00~20:00)

・延長保育(18:00~20:00)

・夜間保育(20:00~22:00)

・お泊り保育(22:00~翌朝8:00)

・土、日、祝日保育

・病(後)児保育  など

継続保育の場合は不慮の事故に備えて保険の加入をお願いされる保育所もあります。

保育料や申し込み書類については施設により違うのでそれぞれに確認しましょう。

まとめ

ご自身の仕事の時間と送り迎えの時間も合わせて保育所選びをしましょう。

あらかじめ分かっている場合はその段階で開所時間の確認をして延長保育などの申し込みをしましょう。

どうしても時間の都合が合わない場合は深夜・早朝保育やお泊り保育対応の施設の確認をしましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました