コロナで給食停止。子どもの弁当に親の朝がヤバい。生産者も悲鳴。

話題

学校給食停止によって、親の負担がヤバいことになってきています。

毎日給食を食べていた子どもが、給食がなくなってしまうと、子どものお昼ご飯を親が作るようになる。

そうすると、お留守番の子供の為に仕事前に子供用の昼ご飯を作ってと、朝の作業が増えてきます。

栄養面でも給食はバランスを考えて作られているので、自分が考えないといけなくなり、考えるだけにかなりの労力を使うことになる。

さらに、悲鳴を上げているのが、生産者である。

ほとんどの学校では牛乳を出している。

その牛乳や野菜が行き場をなくすというのだ。

ここで、働く親などの現状や声を紹介していきます。

コロナで給食停止、子供の昼飯どうしてる?

コロナで給食停止したことによって、子供の昼ごはんについて色んな声があります。

 

やはりお弁当を作るという事で朝早く起きないといけなくなって、負担がかかったり、栄養面の心配の声がたくさんありますね。

 

朝の負担を軽くする方法はこちら

 

コロナウイルスで給食停止、生産者がヤバい

コロナで給食停止によって、今まで配給していた分の牛乳や野菜、パンなどのキャンセルが相次いでいます。

そこで生産者が配給分を出せずに抱えてしまう事となります。

牛乳は乳業メーカーに引き受けてもらうが長期化すると対応が難しくなる。

コロナで給食停止、食材無駄にしないために

食材を無駄にしないために、生産者を思って支援を呼ぶ声が高まっています。

コロナの給食停止により、失業者も出る!?

実際にコロナの影響で、旅館経営が破綻してしまった所も出ましたね。

その旅館は主に中国人の予約が多かったので、コロナウイルスでキャンセルが相次ぎついに破綻してしまいました。

 

他にもバス会社も全くバスの運行が無いと言っています。

こちらも予約のキャンセルが相次ぎ、3月はほぼ予約がなくなってしまいました。

 

そして給食停止により、生産者や、スーパーで働く人など、もしかしたら今後会社倒産や失業者が増える可能性もありますね。

 

まとめ

コロナで給食停止によっていろんな人に影響が広がりますね。

出来るだけ食材を無駄にしない為にも、何か対策を政府も考えてほしいですね。

 

関連記事

コロナで給食停止。朝の負担を軽くする方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました