西村拓哉がカス?検索ワードで出てくる真相を追求してみた

Yahoo!インターネット検索にて、関西ジャニーズjrの西村拓哉さんの名前を入れると「西村拓哉 カス」 の文字が…(汗)

今人気で勢いのある彼にどうしてこんなものが表示されているのか、多くの方が不思議に思っていることかと思われます。

そこで今回はなぜ彼の名前の検索予測にこのようなネガティブワードが表示されてるのか、今回はその原因、真相を徹底追及しましたので少しだけお付き合い下さい。

A:どんな記事か

→「西村拓哉 カス」の原因、真相について追求した記事

B:こんな人に読んでほしい

→「西村拓哉 カス」の原因、真相を知りたい人

C:本記事を読んで解決されること

→「西村拓哉 カス」の原因、真相が判明します。

なぜ「西村拓哉 カス」と表示されるのか…その原因はこれだった!

はじめに、結論から先にいうと西村拓哉さんのアンチによるサジェスト機能を使った嫌がらせによるものです。

 

<ここでピンとこない人向けに>

サジェスト機能とは、ある特定のワードで多く検索されると、それをサイトが記憶し、検索予測に表示させる機能です。

ときに、これはポジティブな情報も表示されることもあれば、一方でその反対もあります。

今回は西村拓哉さんにとってネガティブな情報が出てしまっている結果となってしまいました。

なぜアンチは「西村拓哉 カス」を表示させたのか

ここでふと思うのが、アンチがなぜそれを表示させるようにしたのかという点です。

どうやら調べたところ、西村拓哉さんは最近女性と少し関りがあったとの噂があったようです。その噂自体、出どころ不明で真偽のほどは確かではありませんが。もはや風の噂レベルです。

その風の噂を真に受けて、その内容を不快に感じた彼のファンだった方々がアンチとなりサジェスト機能であのワードを表示させるようにしたのでしょう。

これはざっくばらんに言って、嫌がらせといっても過言ではないです。西村拓哉さんからすれば、カスといわれるようなことはしていないのにこのようなワードがウェブ上で表示されるのは寝耳に水でしょう。

そして事務所サイドとしても本件は見過ごせないはずです。

非常に残念ですよね。

言うまでもなく、いま西村拓哉さんが好きで応援している方はたくさんいるはずです。そんな中で、このようなネガティブワードが検索予測にでてしまうことは、西村拓哉さんのイメージダウンにつながりかねません。

そのような事態になれば、西村拓哉さんをはじめ、彼のファンにとっても良い心地はしないでしょう。

そのため、一刻も早くこの状態を改善してもらいたいものですね。

悪質!「西村拓哉 カス」による風評被害

いま問題である「西村拓哉 カス」により、西村拓哉さんに対する誤解が生まれています。

本当にとんだ風評被害です。これによって、彼に興味を持ち始めた人が検索する際に「西村拓哉 カス」と出てしまうために間違ったイメージが定着してしまう可能性があります。

それは避けなくてはならないことです。

なので、ここでハッキリ申し上げると、西村拓哉さんがカスという事実はありません。そもそも噂自体が出どころ不明のデマ同然ですし、信じるに値しないでしょう。

西村拓哉さんには、まだこれから先、将来があります。その将来をこのような嫌がらせにより風評被害で台無しにされてしまっては元も子もないでしょう。

繰り返しますが、この「西村拓哉 カス」という検索予測は風評被害です。デマなので真に受けずスルーしましょう。

まとめ

今回は、関西ジャニーズjrの西村拓哉さんの検索予測に「西村拓哉 カス」と表示されてしまう原因、真相について調べた記事となりました。

最後に繰り返して、結論をいいますと「西村拓哉 カス」の真相は、西村拓哉さん自体はカスではなく、デマ同然の噂による風評被害を受けたために、今回サジェスト機能を使われて検索予測にカスと表示されることとなりました。

この一件は、ウェブサイトの検索予測機能を使った嫌がらせによるものだったということで、原因がわかりモヤモヤしていた方の悩みが解決できたのならば幸いです。

西村拓哉さんは現在lilかんさいとして活躍中の期待のジュニアです。そのこともあって、本件のようなネガティブワードが検索予測に表示されてしまうことは、本人としても事務所としても、ならびに彼のファンとしても非常に心が痛むことです。アンチからすれば、それが喜ばしいことなのかと思われますけど。一刻も早くネガティブワードが削除されるようになってほしいですね。

そして西村拓哉さんも、まだまだこれから先ジュニアとしての明るい活動があります。そこも含めて、ファンの皆さんは今回の記事を見て「西村拓哉 カス」という嫌がらせの内容に真に受けず、彼の成長と頑張りを応援していきましょう。

この一件の真相知ってもらい、一人でも多くの方が「西村拓哉 カス」ということを真に受けないようになることが本記事の目的でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました