藤原丈一郎の入所日は?同期は?ジャニーズ史上最年少で入所!諦めずに努力し続けたなにわの男

なにわ男子の藤原丈一郎くんが気になるというファン初心者の人に読んでほしい、完全藤原丈一郎マニュアル。入所日から現在まで全力で走り続けてきた彼のジャニーズでの歩み、そして、共に切磋琢磨してきた同期をご紹介します。

藤原丈一郎の詳しいプロフィール!入所日はいつ?

 

藤原丈一郎くんの詳しいプロフィールと入所日について紹介していきます。

藤原くんは1996年2月8日、大阪府にて藤原家の長男として産まれました。

兄弟は2歳上のお姉さんが1人います。

お姉さんとは基本仲良しですが、ときどき喧嘩をすることも。

藤原くんがおしゃべりで、うるさすぎたせいで着信拒否されたこともあるそう。

家でも学校でも口を閉じることができない藤原くん。

学生時代、学校で女の子に呼び出されたため、告白されるのだとワクワクしつつ、でも自分はジャニーズだからなんて断ろうかと悩みながら待ち合わせ場所に行きました。

すると、女の子から「丈くん、毎日ホンマうるさい!静かにして!」と怒られ、驚き、ショックを受けたことがあるそう。

藤原くんには気の毒ですが、きっと女の子も我慢できなかったのでしょうね。

注意されて、しょぼんと落ち込んでしまう藤原くんが可愛くて笑ってしまいます。

自分でも長所はよくしゃべる、短所はしゃべりすぎるところだと言っています。

表情も豊かなので、ファンの中では『顔からしてうるさい』と有名です。

血液型はB型で、身長は167センチ、体重は多少の増減はありますが58キロぐらい。

そんな藤原くんはジャニーズ事務所に所属する前はキッズモデルをしていました。

幼い頃の藤原くんはおめめパッチリで、それはそれは本当に可愛かったのです。

笑った顔なんて天使そのもので、そりゃモデルになるわなと誰もが納得するお顔でした。

もちろん今も天使ですが、可愛いというよりもカッコイイ大人の男性になりましたね。

その後、ジャニーズ事務所のオーディションを受けて見事合格。

オーディションを受けた理由はお母さんに「5000円あげる」と言われたからだそう。

なんとこの時、藤原くんは小学2年生で8歳です。

ジャニーズ史上、最年少での入所となりました。

 

2004年2月21日が入所日となり、ここから藤原くんの長い芸能活動が始まります。

ちなみに毎年藤原くんの入所日にはファンの人たちがお祝いをします。

ファン同士で集まって、藤原くんの良いところを話したりするそうです。

本当にたくさんの人に愛されていますね。

藤原くんは小学2年生から大学を卒業するまで普通の夏休みを経験したことがありません。

関西ジャニーズJr.は夏休みの時期は松竹座での公演があります。

それに向けてのレッスンや本番で、学生らしい夏休みを過ごせませんでした。

しかし、藤原くんは仕事が楽しかったので休みがほしいと思ったことはないそうです。

今まで、関西ジャニーズJr.の中のさまざまなユニットで活動してきました。

Little GangsやGang-Star、そして非公式グループのFunky8など。

Funky8は非公式ながらも人気は絶大でした。

ファンとメンバー8人が心から願った公式グループになることはできずに、静かに消滅。

2018年10月に新たなグループ、なにわ男子の結成が発表され、最年長メンバーとして藤原くんの加入が発表されました。

そして、メンバーカラーは青色に決定。

男らしさと面白さを兼ね備えた、唯一無二の藤原くんにピッタリです。

2018年といえば、藤原くんが大学を卒業した年。

実は自分の将来を考えた結果、ジャニーズを辞めて就職することを選択した時期もありました。

『就活をする丈くん』も目撃されており、ファンたちは寂しさとショックでとても悲しみました。

藤原くん自身も就職活動をしつつ、ずっと迷いがあったそう。

「何がしたいのか」と聞かれ、つい「しゃべりたいです」と答えた藤原くん。

すると「それは営業のことか」と聞かれ、営業ではなくジャニーズの藤原丈一郎としてもっとしゃべりたいのだと再確認し、また悩む日々。

悩みすぎて、平日は公務員で休日だけジャニーズをできないかと考えたこともありました。

就職活動をしたからこそ、自分が本当にしたいことがわかったのでしょう。

しかし、いくらやりたいと願っても芸能界で生きていけるのは一握りです。

それは8歳からジャニーズとして活動してきた藤原くんが1番よく理解しています。

どれだけ努力しても、報われない思い。

年下の子や自分より経験の浅い子の後ろでも笑顔で踊り、歌い、盛り上げてきた藤原くん。

悔しい経験をしてきたからこそ、人の気持ちを理解できる、優しい男性へと成長しました。

藤原丈一郎に同期はいるのか?

藤原丈一郎くんの同期について紹介します。

藤原くんの同期はジャニーズWESTの神山智洋くんです。

2人とも、本当に小さな頃から切磋琢磨してきた唯一無二の同期で大切な仲間。

しかも、当時は帰る方向が同じだったため、よく行き帰りの時間を一緒に過ごしたそう。

2人してなぜか電車の連結部分がお気に入りで、広くて大好きだったとのこと。

幼い頃の可愛い2人が連結部分を見て楽しそうに話している姿を想像すると、可愛すぎてたまりませんね。

仕事に行く時も帰る時も、そして仕事中もずっと一緒で仲良しの2人。

そんな平和な2人の間に突如現れたのは元気いっぱいのジャニーズWEST重岡大毅くん。

年齢は重岡くんの方が上ですが、ジャニーズ事務所のルールは入所が早い方が先輩です。

しかし、子供だった重岡くんはあまりそのことを理解していませんでした。

そして、帰りの方向が同じだった2人と仲良くなりたい一心で、たった今気がつきました風を装って近づき、笑顔でこう言いました。

「あ!乗ってたんや~」

勇気を出して声をかけましたが、その頃の神山くんはジャックナイフ時期。

(今でこそ温厚ですが、一時期はとてもとがっていて、怖かった)

瞬時に「敬語使えよ」と注意されてしまいました。

そんな2人を黙って見ていた藤原くん。

藤原くんは楽しいことが大好きで、先輩後輩などはあまり興味がないタイプのため、ため口が気にならなかったそう。

そんな笑える子供時代の思い出を大人になった今でも楽しく話せる関係性というのが素敵ですよね。

2014年、ついに関西からジャニーズWESTがCDデビューを果たします。

そのメンバーの1人として選ばれたのは神山くんでした。

あまり、同期のことや悔しい思いをした経験を話すことがない藤原くん。

2017年に珍しく神山くんのことについて話しました。

「神ちゃんに対しては尊敬の思いがある。」

「でもやっぱり悔しいし、複雑です」と。

後輩がデビューした時も、後輩の方が衣装が豪華でも、その悔しさを口に出すことがない藤原くんの珍しい本音。

この言葉を聞いた時はグッときましたし、心から藤原くんを応援したいと思いました。

今までずっと、悔しいことがあった時はその経験を笑いに変え、心の中の『悔しいBOX』に入れて乗り越えてきたそう。

そうすることによって、新しい何かに挑戦する時にそれを踏み台にすることができる、とのこと。

藤原くんは公の場で弱音を吐く人ではないし、どんな時も明るく元気いっぱいです。

だけど、長い芸能活動の中で辛いこと、悲しいこと、悔しいこと、たくさんあったのでしょうね。

それを悔しいBOXに入れて、耐えて、耐えて、努力して、やっとここまできました。

いつもふざけているように見えて、実は繊細で努力家で優しい藤原くんは本当に魅力的な人です。

神山くんも藤原くんの活躍を心から喜び、大人になった今でも2人は大の仲良しです。

最初は数人いた同期が今は藤原くんと神山くんの2人になり、さまざまな経験をし、共に成長し続ける2人。

ライバルであり、最高の仲間という2人の関係はこれからもずっと続くのでしょうね。

藤原丈一郎は先輩たちに愛されて育った

藤原丈一郎くんがどれだけ先輩に愛されているかを紹介します。

上記の通り、8歳でジャニーズ事務所に入所した藤原くん。

歌やダンスが得意で入ったわけでもないですし、やることすべてが初めてのことばかり。

緊張しつつ、首から財布と携帯をぶら下げてレッスンに通ったそうです。

最初はダンスがまったく覚えられず、泣いて泣いて大変だったとのこと。

そんな藤原くんを優しく見守ってくれた先輩はたくさんいます。

とくに、関ジャニ∞の横山裕くんの藤原くんへの愛は有名です。

小さな藤原くんが可愛くて仕方がなく、よくからかって泣かせていました。

しかし、ただいじめているのではなく、愛を持って接してくれていることをちゃんとわかっていた藤原くんは横山くんのことが大好きでした。

10歳の誕生日には横山くんがいつも使っていた腕時計をもらい、大切な宝物に。

藤原くんも横山くんの誕生日には恥ずかしさでモジモジしながらも、勇気を出してキーホルダーをプレゼントしました。

横山くんのことが好きすぎて、家でナスを育ててプレゼントしたこともあります。

子供なりに一生懸命考えて、感謝の思いを伝えようとしているのが可愛いですね。

藤原くんの思いはちゃんと横山くんに届いており、藤原くんが悩んでいる時、困っている時はいつも手を差し伸べてくれました。

そして、藤原くんに仕事が決まった時は藤原くん以上に喜んでくれました。

藤原くんは今でも「憧れの先輩は?」と聞かれたら横山くんだと答えます。

藤原くんにとって、横山くんはお兄ちゃんであり、永遠のヒーローなのでしょうね。

そして、横山くんのように『からかって可愛がるタイプ』ではなく『優しく可愛がるタイプ』だったのはジャニーズWESTの桐山照史くん。

ダンスが全然できない藤原くんにダンスを教えてくれたのは桐山くんでした。

コンサートなどでも、藤原くんが注目されるように絡んでくれたり、藤原くんの名前を出してくれたり。

桐山くんがまだ学生だった頃、藤原くんを映画に連れて行ったことがあります。

大好きな桐山くんと一緒に映画が観れることを藤原くんは大喜び。

しかし、学校と仕事で疲れていた桐山くんは映画を観つつウトウトしてしまいます。

すると横に座っていた藤原くんに「今が1番面白い~!」と無理矢理首を上げられ、起こされたそう。

大好きな桐山くんに、面白いシーンをわかってほしかった藤原くんの気持ちが可愛いですね。

藤原くんは入所した時から今まで性格が変わりません。

ずっと同じ『楽しいこと、面白いことが大好きな藤原丈一郎くん』です。

たくさんの先輩にダンスや歌や芝居のことを教えてもらい、たくさんたくさん遊んでもらいました。

先輩たちの立ち居振る舞いから学び、自分で考えて行動し、ここまで大きく成長。

そして、今先輩という立場になった藤原くんは自分が先輩たちに教えてもらったように、そして可愛がられたように、後輩たちを指導し、とても可愛がっています。

まとめ

藤原丈一郎くんの入所日は2004年2月21日で、なんと8歳で芸能活動を開始。唯一無二の同期と切磋琢磨し、先輩後輩に愛され、ついに大阪と東京を行き来する売れっ子になりました。今1番の目標はなにわ男子でCDデビューすること。きっとこれからもファンに夢を与え続けてくれるでしょう。

関連記事

藤原丈一郎は野球が大好き!自称オリックスの広報担当!もはやオリックスに恋してる

野球好きの記事も見てみてね☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました